一般建設事業 :( マンション・住宅編 )

→ 右側下の、月間アーカイブで過去の建設事業例の記事も掲載しております。

No29:賃貸アパートリフォーム工事

  • 内装工事、家具・什器製作製品、設備品、デザイン、コスト計画
  • 「旧型から新型にカタチにしました」
  • 施工前:旧型)

こちらをリフォーム工事を行います

部屋の間取りは1LDKです

天井はジプトン、ドアや床も写真のような雰囲気のお部屋

築年数30年以上

比較的コンパクトな部屋の間取り

退去前の入居者さんは15年ほど利用されて喫煙者の方で

全体的にかなり内装も汚れており、

設備面も古い、使用状況も高い

 

内装もこれなら新規入居の可能性が低いのでこちらを最近な内装空間にリニューアル。

  • 施行中)

  • 施工後:新型リニューアル)

①ドアなどは、木目などもありますが

デザインがこの先長く古さを感じないように

ホワイト色を採用、

建具の高さも1、8mから2m

の現在標準サイズに変更

ドアの下の敷居も外してバリアフリー

 

②天井ジプトンから、

クロス貼りに変更及び天井茶色木見 切撤去。

 

③床材も、写真では木目濃く見えますが、

現場の実際は、オーク柄の中での幅広材

白っぽい色目の材料数枚サンプルから現場合わせての上材料選定。

 

④壁裾の巾木も高さ45ミリ(ホワイト)選定

シンプル重視

 

狭小空間なのでよりシンプルと女性単身でも入居の可能性も視野に計画しました。

 

キッチン丸見えも、引き違いドアも設けてました

、1枚ドアと壁にするか悩みましたが、洗い物や料理をすぐ出せるように両面ドアを採用

 

⑤設備面も

チャイムがなる、ドアフォンを、

モニター付きドアフォンに変更

 

昔のタイプは、缶電池型など多く、電池切れでならない、気付ないなど

困り事も多いです。

 

⑥水廻りもコストと見栄えから、

柄物でその中でも比較的安価既製品を採用

 

 

どこまで直すか施工範囲、工事コスト、トータルデザイン、賃貸なので立派は不要

広さは変えれない、

現代の快適な生活空間の利便性と家賃と

近隣とのグレード比較を検討しながら

ここの選定が悩みましたが

以前の状況と比較するとこのようになりました。

 

賃貸アパート1室リフォーム

札幌市内

デザイン選定、積算、コスト調整期間:2週間

工期:1か月

設備の材料入荷待ち期間など含む

 

 

 

店舗施設から住空間などのプランニングから

内装改修も行っております